LOGIN

冬季釣り場ガイド【栃木県/箒川】

湯と紅葉を満喫できる大渓流

小野田祥一=解説
みごとな錦秋の季節を迎えたC&R区間(2013年秋)。例年10月下旬~11月上旬にかけて紅葉が見ごろを迎える。釣りもしやすく、魚の活性も高まる箒川のハイライト。ちなみに紅葉が終わると水面が落ち場で覆われるため、この一時期は釣りがしにくくなる

湯けむりの温泉街を流れる、碧い水の釣り場が盛り上がりを見せ始める秋。気軽に釣り旅気分が味わえる、関東屈指のC&R区間を紹介。
◆『FlyFisher』2013年12月号より

《Profile》
小野田 祥一(おのだ・しょういち)
栃木県在住。北関東、特に鬼怒川水系上流部のフィールドに詳しく、毎年解禁から冬季釣り場の時期まで各渓流を釣り歩いている。特に男鹿川はホームグラウンド。

10月に入り、一般の渓流が禁漁期を迎えるのを境に、温泉街の中を流れる箒川は賑わいを見せ始める。ここにはオフシーズン中もニジマスを対象とした釣りが可能な「フライ&ルアー(C&R)区間」が設定されており、ドライフライやニンフ、ウエットフライなど多彩なアプローチの釣りを楽しむことができる。

周辺は豊かな森に囲まれており、10月下旬からは、紅葉の中でロッドが振れる貴重なエリアでもある。箒川のC&R区間は、国道400号線が川に沿って走っており、ポイントへのアクセスが簡単。
ルアー&フライ専用区の上流部、福渡橋から上流方面を望む。正面にそびえる岸壁が七ツ岩。ナメ床の瀬に点在するスリットの中にニジマスが潜む

また、各ポイントの近くには釣り人が自由に使える駐車場とトイレも整備されており、初めて訪れる人も快適に釣りを始められる。

また、温泉街近くの流れには川沿いに遊歩道が設けられている場所もあるので、女性でも安心だ。
釣りの前後、もしくは合間に、土産物屋や温泉宿が並ぶ町を散策してみるのもおすすめだ。R400沿いには福渡温泉、塩釡温泉、古町温泉など11もの温泉が湧き出し、それぞれ効能の異なるお湯が楽しめる。C&R区間付近の箒川全体が塩原温泉郷として、観光名所になっている

C&R区間内は比較的フラットな渓相が続き、ほとんどの場所で、ニジマスの魚影が確認できる。50㎝を超える魚も珍しくなく、気軽に派手なファイトを味わえるのが魅力だ。

また、瀬と水深のあるプールが交互に続き、渓相にもバリエーションがあるので、ナチュラルドリフトからリトリーブの釣りまで、好みのスタイルで釣果を重ねられる。もちろん一筋縄ではいかない魚も多いが、コンディションのよい1尾に的を絞って、じっくりねらってみるのも面白い。

箒川のアベレージともいえる、40cmを少し上回るサイズ。60cm近いサイズの魚になると、魚を追いかけて走りまわるような、スリリングなやり取りになる


※詳しいポイントマップは有料メンバー登録するとご覧いただけます。

2018/10/3

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

最新号 2020年12月号 Mid Autumn

特集
共鳴するウエットフライ
エキスパートが実践していること

 今号の特集はウエットフライ。十人十色、という言葉がこれほどマッチするフライフィッシングはないかもしれません。エキスパートたちには「この釣りを始めたきっかけ」から、今実践しているテクニックまで、さまざまな質問をぶつけてみました。すると、実は似たような釣り方をしていることも少なくない、ということに気づかされました。
 先般22年ぶりの復刊となった、佐藤成史さん著『瀬戸際の渓魚たち』。Special Topicsと題しまして、阿武隈高地の天然イワナについて現状を取材してきました。日本列島形成の背景をもとに浮かび上がってきたのは、イワナたちの「山越え」という仮説。人類の営みと比べたら気の遠くなるような時間をかけて脈々と受け継がれてきたイワナたちの「血」。そんな歴史を感じることのできる幸福と、現状への警鐘があぶり出されています。
 巻末の長編特集は、来日も幾度となく果たし、「フライキャスティング」に大変革をもたらしたといってよい、メル・クリーガーさんを紹介しています。メルさんをよく知る5名に、知られざる側面を含めた彼の功績、人となりを語ってもらいました。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING