LOGIN

冬季釣り場ガイド【栃木県/箒川】

湯と紅葉を満喫できる大渓流

小野田祥一=解説
みごとな錦秋の季節を迎えたC&R区間(2013年秋)。例年10月下旬~11月上旬にかけて紅葉が見ごろを迎える。釣りもしやすく、魚の活性も高まる箒川のハイライト。ちなみに紅葉が終わると水面が落ち場で覆われるため、この一時期は釣りがしにくくなる

湯けむりの温泉街を流れる、碧い水の釣り場が盛り上がりを見せ始める秋。気軽に釣り旅気分が味わえる、関東屈指のC&R区間を紹介。
◆『FlyFisher』2013年12月号より

《Profile》
小野田 祥一(おのだ・しょういち)
栃木県在住。北関東、特に鬼怒川水系上流部のフィールドに詳しく、毎年解禁から冬季釣り場の時期まで各渓流を釣り歩いている。特に男鹿川はホームグラウンド。

10月に入り、一般の渓流が禁漁期を迎えるのを境に、温泉街の中を流れる箒川は賑わいを見せ始める。ここにはオフシーズン中もニジマスを対象とした釣りが可能な「フライ&ルアー(C&R)区間」が設定されており、ドライフライやニンフ、ウエットフライなど多彩なアプローチの釣りを楽しむことができる。

周辺は豊かな森に囲まれており、10月下旬からは、紅葉の中でロッドが振れる貴重なエリアでもある。箒川のC&R区間は、国道400号線が川に沿って走っており、ポイントへのアクセスが簡単。
ルアー&フライ専用区の上流部、福渡橋から上流方面を望む。正面にそびえる岸壁が七ツ岩。ナメ床の瀬に点在するスリットの中にニジマスが潜む

また、各ポイントの近くには釣り人が自由に使える駐車場とトイレも整備されており、初めて訪れる人も快適に釣りを始められる。

また、温泉街近くの流れには川沿いに遊歩道が設けられている場所もあるので、女性でも安心だ。
釣りの前後、もしくは合間に、土産物屋や温泉宿が並ぶ町を散策してみるのもおすすめだ。R400沿いには福渡温泉、塩釡温泉、古町温泉など11もの温泉が湧き出し、それぞれ効能の異なるお湯が楽しめる。C&R区間付近の箒川全体が塩原温泉郷として、観光名所になっている

C&R区間内は比較的フラットな渓相が続き、ほとんどの場所で、ニジマスの魚影が確認できる。50㎝を超える魚も珍しくなく、気軽に派手なファイトを味わえるのが魅力だ。

また、瀬と水深のあるプールが交互に続き、渓相にもバリエーションがあるので、ナチュラルドリフトからリトリーブの釣りまで、好みのスタイルで釣果を重ねられる。もちろん一筋縄ではいかない魚も多いが、コンディションのよい1尾に的を絞って、じっくりねらってみるのも面白い。

箒川のアベレージともいえる、40cmを少し上回るサイズ。60cm近いサイズの魚になると、魚を追いかけて走りまわるような、スリリングなやり取りになる


※マップガイドは有料メンバー登録するとご覧いただけます。

2018/10/3

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2018年12月号 Fall

特集は「あの尺ヤマメを逃した理由」。
間違いなくドライフライをくわえたかに見えたのに、痛恨のすっぽ抜け……。誰もが一度はそんな経験をしているはずですが、その理由ははっきりしないことがほとんどです。今回はエキスパートたちが、これまで見聞きしてきたバラシの要因を考察。また、カメラがはっきりとらえたすっぽ抜けの瞬間を解析します。来シーズンに悔しい思いをしなくてすむために、じっくり読んでみてください。
そのほか、秋も楽しめる北海道の釣り場紹介も掲載。さらにぺゾンのバンブーロッドについても、たっぷり誌面を使って掘り下げています。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING