LOGIN

浦壮一郎さんのフォトスクール開催!

思い入れのある魚を美しく写真に残す

FlyFisher編集部=写真と文
『FlyFisher』2014年11月号で、日光・湯川を取材した際の浦さんの1枚。被写体はブルックトラウト

開催概要
●日時 2018年11月10日(土)
●時間 午前9時30分~午後3時30分(昼食時間1時間程度を含む)
●開催場所 ヤドリキY.G.Lスポーツフィッシングエリア(神奈川県足柄上郡松田町寄5573)
●募集人数 10名(最低人数6名)
●参加費 6,000円+税 (遊漁料と昼食代は各自負担。昼食は各自用意)
●問い合わせ 株式会社シーアンドエフデザイン ☎045-949-2301 
イベントページはこちらから


『FlyFisher』誌はもちろん、『つり人』や『渓流』誌でも撮影を手掛けるフォトジャーナリスト、浦壮一郎さんを講師に招いた、フィールド・フォトスクールが開催されます。

場所は秋の西丹沢、「ヤドリキY.G.Lスポーツフィッシングエリア」。思い入れのある渓魚や景色を美しく写真に収める、浦流の撮影テクニックをこの機会に習得してみませんか?

今回は、特に「自分で釣った魚を美しく撮影する」ことをテーマの中心に据え、渓魚の魚体をよりきれいに写真に残すテクニックを解説する予定。

思い入れのある魚ほど、水辺に横たえて自分のロッドと一緒に美しく写真に残したいもの。そんな時、いつものカメラでも撮影時にひと手間加えれば、より印象的な写真に仕上げられるはずです。

当日は自分で釣った魚を撮影することになるので、ご自身のカメラのほか、普段ご使用になられている釣り道具一式・雨具などをご持参ください(レンタルカメラの用意はありません)。

来シーズン、フィールドでの楽しみ方がまたひとつ加わること間違いなしです。

水辺のフィールドを美しくとらえた写真や水中写真も得意とし、近年は源流釣行に同行し、美しい風景と渓魚の写真をフォトグラファーとして数多く発表している。記事や作品は、ホームページにて一部を閲覧することが可能。
●浦壮一郎ホームページ http://s-ura.news.coocan.jp



2018/10/30

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2018年12月号 Fall

特集は「あの尺ヤマメを逃した理由」。
間違いなくドライフライをくわえたかに見えたのに、痛恨のすっぽ抜け……。誰もが一度はそんな経験をしているはずですが、その理由ははっきりしないことがほとんどです。今回はエキスパートたちが、これまで見聞きしてきたバラシの要因を考察。また、カメラがはっきりとらえたすっぽ抜けの瞬間を解析します。来シーズンに悔しい思いをしなくてすむために、じっくり読んでみてください。
そのほか、秋も楽しめる北海道の釣り場紹介も掲載。さらにぺゾンのバンブーロッドについても、たっぷり誌面を使って掘り下げています。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING