LOGIN

浦壮一郎さんのフォトスクール開催!

思い入れのある魚を美しく写真に残す

FlyFisher編集部=写真と文
『FlyFisher』2014年11月号で、日光・湯川を取材した際の浦さんの1枚。被写体はブルックトラウト

開催概要
●日時 2018年11月10日(土)
●時間 午前9時30分~午後3時30分(昼食時間1時間程度を含む)
●開催場所 ヤドリキY.G.Lスポーツフィッシングエリア(神奈川県足柄上郡松田町寄5573)
●募集人数 10名(最低人数6名)
●参加費 6,000円+税 (遊漁料と昼食代は各自負担。昼食は各自用意)
●問い合わせ 株式会社シーアンドエフデザイン ☎045-949-2301 
イベントページはこちらから


『FlyFisher』誌はもちろん、『つり人』や『渓流』誌でも撮影を手掛けるフォトジャーナリスト、浦壮一郎さんを講師に招いた、フィールド・フォトスクールが開催されます。

場所は秋の西丹沢、「ヤドリキY.G.Lスポーツフィッシングエリア」。思い入れのある渓魚や景色を美しく写真に収める、浦流の撮影テクニックをこの機会に習得してみませんか?

今回は、特に「自分で釣った魚を美しく撮影する」ことをテーマの中心に据え、渓魚の魚体をよりきれいに写真に残すテクニックを解説する予定。

思い入れのある魚ほど、水辺に横たえて自分のロッドと一緒に美しく写真に残したいもの。そんな時、いつものカメラでも撮影時にひと手間加えれば、より印象的な写真に仕上げられるはずです。

当日は自分で釣った魚を撮影することになるので、ご自身のカメラのほか、普段ご使用になられている釣り道具一式・雨具などをご持参ください(レンタルカメラの用意はありません)。

来シーズン、フィールドでの楽しみ方がまたひとつ加わること間違いなしです。

水辺のフィールドを美しくとらえた写真や水中写真も得意とし、近年は源流釣行に同行し、美しい風景と渓魚の写真をフォトグラファーとして数多く発表している。記事や作品は、ホームページにて一部を閲覧することが可能。
●浦壮一郎ホームページ http://s-ura.news.coocan.jp



2018/10/30

つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…

最新号 2021年6月号 Early Summer

渓流のドライフライ・フィッシング、ロングティペット・リーダーの名手として知られる渋谷直人さん。今号は彼の渓流フライフィッシングに対する、テクニックではなく、思考法を中心に語っていただきました。ここでいうテクニックとはほぼ運動能力と同義で、どうしても反復練習や経験が必要になります。しかし思考に関しては、知るだけで明日から役に立つはず。日本の渓流でヤマメ、イワナをねらうための金言、格言、ハッとさせられる言葉が並びます。
表紙にも入れましたが、いくつか例を以下に挙げます(これはほんの一部です)。
「ドライフライ・フィッシングとは水面で行なうエサ釣りである」
「尺ヤマメを釣りたかったら、まずは見つけること」
「遠くへ投げるよりも、魚に近づく技術を磨く」
「見えないフライは、勝負にならない」
「よい時間帯は午前10時〜午後4時と思い込んで間違いない」

このほか、小特集としてUVマテリアルについて名手たちの考え方を取り上げます。


[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING