LOGIN

フィールドガイド【岩手県/岳川】

早池峰山を源頭に、ダムの上下で異なる渓相

仁平勇太=解説

岳川から早池峰ダム上流途中で稗貫川と名を改める渓流。ダムを境に下流は里川の風情、上流は大岩の渓流相へ。
◆『岩手「いい川」渓流ヤマメ・イワナ釣り場』より

《Profile》
仁平 勇太(にだいら・ゆうた)
岩手県在住。渓流釣り歴は18年以上。シーズン中は岩手県の渓を中心に釣り歩く。岩手のフライロッドメーカー「カムパネラ」のスタッフ

岳(たけ)川は早池峰山を源頭に大迫町内を流れ、石鳥谷町で北上川に合流する。また、早池峰ダム上流の途中で稗貫川と名を改める。

大迫町内を流下する稗貫(ひえぬき)川は、瀬や淵を繰り返す流れでアユや早春のヒカリがねらえる。また、希に北上川からソ上してきたサクラマスの姿も見られ、魚種は豊富だ。

大迫町内で出合う中居川は、八木巻川や旭ノ又川などの支流を抱え魚影も多いが、流れが細いので魅力は少ない。旭ノ又川は、中居川合流から堰堤までの800mが禁漁なので注意したい。

上流域では大岩の陰に潜むイワナをねらう

※詳しいポイントマップは有料メンバー登録するとご覧いただけます。

◆掲載しているフィールドガイドは、単行本『岩手「いい川」渓流ヤマメ・イワナ釣り場』に掲載されています!
『岩手「いい川」渓流ヤマメ・イワナ釣り場』
購入・お問い合わせはこちら



2018/9/10

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

おすすめ記事

最新号 2019年12月号 Mid Autumn

第1特集
フライライン大宇宙

第2特集
渓で夜を過ごすという冒険、リバーステイ


#3〜4の渓流用ラインを中心にフライラインを特集します。現在日本で入手可能なメーカーの解説や、38本の振り比べなど、どれを選べばよいか悩んでいるフライフィッシャーのための記事を作りました。記事をとおして感じるのは、メーカーがそれぞれにこだわりを持って作っていることと、ラインは「良し悪し」ではなく、「好き嫌い」で選んでよいのではないか、ということです。個人のキャスティングのクセ、使うフライやロッド、よく行くフィールドなどによって、評価基準は千差万別。あなたに合った1本を見つけてください!
第2特集では「リバーステイ」。源流へ行くのではなく、渓流で泊まる3つのストーリーをお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING