LOGIN

フィールドガイド【岩手県/猿ヶ石川】

里から森の中まで、有望支流を釣り巡る

仁平勇太=解説
猿ヶ石川の上流部。里から森への移り変わりを肌で感じながら釣りができる

河童の棲む民話の息づく流れはヤマメ、イワナの宝庫。流程のある本流に、流れ込む支流も多く1日では探りきれない。
◆『岩手「いい川」渓流ヤマメ・イワナ釣り場』より

《Profile》
仁平 勇太(にだいら・ゆうた)
岩手県在住。渓流釣り歴は18年以上。シーズン中は岩手県の渓を中心に釣り歩く。岩手のフライロッドメーカー「カムパネラ」のスタッフ

猿ヶ石川は北上高地の薬師岳を源頭に、遠野市を経て北上川へと注ぐ。途中には田瀬湖があり、これより下流を「猿ヶ石川漁協」、上流を「上猿ヶ石川漁協」が管轄している。田瀬湖下流は本流釣りがメインでヤマメだけではなく、アユや北上川からソ上してくるサクラマスをねらう人も多い。

大きな支流がいくつも流れ込んでおり、田園地帯を流れる達曽部川は、湧水の川で水温が比較的安定しており、早春の川として人気である。対象魚は主にヤマメとなる。
猿ヶ石川では、下流域なら北上川から、上流部は田瀬湖からソ上する大型のヤマメがねらえる

田瀬湖上流は、下流部のようにしばらく広い流れが続く。ここも良型ヤマメやアユ、田瀬湖からソ上するサクラマスやアメマスがねらえる。この区間で大きな支流は小友川である。この川は雪代の影響が少なく、春頃から本番を迎える。

本流は、徐々に森の中へと入っていき谷が深くなる。この辺りは、里から森への移り変わりを肌で感じながら釣りができる。道路も砂利道に変わり、しばらく行くと大きな堰堤が出てくる。

堰堤上では支流の土倉川が合流している。本支流ともに、ここから先は落差も出てきて流れも徐々に細くなってくる。谷が深い場所も多く、単独での釣行は控えたい。

対象魚はヤマメとイワナ。今回は支流の小烏瀬川と滝川を含めて紹介したい。

※マップガイドは有料メンバー登録するとご覧いただけます。

◆掲載しているフィールドガイドは、単行本『岩手「いい川」渓流ヤマメ・イワナ釣り場』に掲載されています!
『岩手「いい川」渓流ヤマメ・イワナ釣り場』
購入・お問い合わせはこちら



2018/9/20

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2018年12月号 Fall

特集は「あの尺ヤマメを逃した理由」。
間違いなくドライフライをくわえたかに見えたのに、痛恨のすっぽ抜け……。誰もが一度はそんな経験をしているはずですが、その理由ははっきりしないことがほとんどです。今回はエキスパートたちが、これまで見聞きしてきたバラシの要因を考察。また、カメラがはっきりとらえたすっぽ抜けの瞬間を解析します。来シーズンに悔しい思いをしなくてすむために、じっくり読んでみてください。
そのほか、秋も楽しめる北海道の釣り場紹介も掲載。さらにぺゾンのバンブーロッドについても、たっぷり誌面を使って掘り下げています。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING