フィールドレポート【2017/12/10】

山梨県・本栖湖

土谷勇次郎=情報提供
ヒレもきれいで、引きも強かった本栖湖の冬の1尾

カウントダウン50秒(タイプ2/3)のタナでヒットしたレインボー(午前8時)

こちらは同行者が掛けた1尾。カウントダウンは1分以上だった(午後2時)

状況

この日は、タイプ2/3のラインを使用。カウントダウン30秒~1分30秒で、比較的低層をメインにリトリーブ。ヒットしたタナもカウントダウン50秒だった。
ワンド内は風が舞っていたので表層に出ている魚は少ないと判断。深いタナから徐々に浅くしていくようにして、アタリの多い層を捜した。
同行者は、やはりカウントダウン1分30秒のタナで魚を掛けていた。
水の透明度が高いことでも知られる本栖湖。この日は1分前後のカウントダウンに反応が多かった

タックルシステム

●ロッド……TSR コンポジット126678 (12フィート6インチ #6/7/8)
●ライン……SAアトランティックサーモン シューティングヘッド S2/S3 #7/8 (ランニングライン……SAフローティングモノコア025)
●リーダー……2X 14フィート (フロロカーボン)
●ティペット……3X 6フィート(フロロカーボン)

フライパターン

オリーブマラブー
●フック……TMC2499 SP-BL #10
●スレッド……6/0など
●テイル……マラブー・オリーブ
●タグ……レッドカラーのダビング材や毛糸をワンポイントで取り付ける
●ボディー……ハックル状シェニール・オリーブ(下地)、メルティヤーン・グレーオリーブ


ブラウンマラブー
●フック……TMC5212 #8
●スレッド……6/0など
●タグ……レッドカラーのダビング材や毛糸をワンポイントで取り付ける
●テイル……マラブー・ブラウン
●ボディー……テイルと同じマラブーをシャンクに下地として巻く。その上からブラウン系カラーのハックル状シェニールを巻く
●ハックル……コック・デ・レオン
●ヘッド……レッドカラーのダビング材や毛糸


釣行データ

●釣り人……土谷勇次郎(群馬県富岡市)
●日時……2017年12月10日 午前8時と午後2時頃にヒット
●天候……晴れ
●場所……山梨県・本栖湖(浩庵ワンド)
浩庵ワンドからの朝日

2017/12/13

最新号 2018年3月号 Early Spring

まだまだ寒さの厳しい日が続きます。外に出て本格的に魚と遊べるのは、もう少し先。というわけで今号では、暖かい室内で道具を愛でる特集を組みました。 表紙を飾るのは、100年以上も前に作られたフライリール。ほかにもバンブーロッドの名品、エーベル・リールの物語、筆者愛用の品々と、その背後に隠された物語などを紹介しています。 道具にこだわるのは、フライフィッシャーの楽しみのひとつ。うっかりハマると抜け出せない、玩物喪志の幸福を味わう一冊です。 また、今号では名手たちのフライボックスの一部を原寸大で掲載。春の解禁前、ご自身のボックスも、これらを真似て埋めてみてはいかがでしょうか。 ほかにもオレゴン在住のフライフィッシャーからのレポートや、刈田敏三さんが紹介する“ちょっとヘン”な水生昆虫の話など、今号も盛りだくさんの内容でお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING