第2回 タイイングスレッド編

嶋崎了のフライタイイング基礎知識

嶋崎 了=解説
嶋崎了(しまざき・りょう)
1965年生まれ。江戸川区在住。フライ歴35年。 渓流を中心に、本流、湖もオールラウンドに楽しんでいる。 ティムコ社フライ用品開発担当として、TMCバイス、Jストリームシリーズなど主要製品を数多く手がける。

マテリアルをフックに留めるために重要なスレッド。 たくさんのカラーバリエーションがあるのは分かります。だけど、製品ごとの特性や扱いやすさなどに違いはあるのでしょうか?


Q スレッドにはどのような種類があるのでしょうか?

A まず素材は、代表的なものとしてナイロンとポリエステルがあります。


さらにワックスがかかっているタイプ(ワックストスレッド)とそうでないものがあります。 ワックスがかかっているものはスレッドが滑りにくいのが特徴です。

日本で入手しやすいワックストスレッドの代表格はダンビル社のもの。 ワックスをしていない、あるいは多少かかっているかも、というのはものはユニ社とヴィーバス社といったところでしょうか?
一般的なスレッドは大きく3つ。右からユニ、ヴィーバス、ダンビル

個人的にはワックストスレッドが好きで、こちらのほうが少ない回転数でマテリアルをしっかり留められるからです。ベテランにはダンビルを愛用している人も多いですね。
ダンビルのスレッドには「WAXED」の文字が

ただ、ダンビルは強度的にやや劣るので初心者の方にはユニやヴィーバスのほうがおすすめです。

Q それぞれの特徴を教えてください。

A ダンビル社のものはナイロン製でしなやか、伸びもあります。 ユニとヴィーバスはポリエステル製です。


ダンビルの伸びは使い比べてみれば誰でも実感できるはず

ユニとヴィーバスは似たような感じで、ポリエステル製で、切れにくく丈夫です。ワックスもほとんどかかっていません。

上がユニ、下がヴィーバス。ともに似たような巻き上がりになる

スレッドが伸びる順に並べればダンビル、ユニ、ヴィーバスになると思います。

Q 使う太さの目安はありますか?

A 8/0(ハチゼロと読みます)を目安にしてよいでしょう。ダンビルの場合は6/0になります。

それぞれの太さはボビンに表記されている。これは8/0

ちなみにスレッドの場合は数字が大きくなるにつれて細くなります。つまり、6/0と8/0なら、6/0のほうが太くなります。

ダンビルの場合、捻ればロープ状になりますし、解けばフラットな状態で使えます。こうすると面でマテリアルを押さえつけやすく、スレッドを巻きつけた部分に凹凸ができにくいのです。
ダンビルは縒りを解けばフラットになる

ダンビルでテイル材を留めるとこのようにフラットになる

Q スレッドの色はどのように選べばよいですか?

A まずは暗い色と明るい色の2種類があればよいと思います。


カラーは明暗を意識してセレクトするのがおすすめ

スレッドはフライの色に合わせて使い分けるのが一般的ですが、はじめはダークブラウン、ダークグレーなどの暗めの色と、ペールイエローやアイボリーなど明るい色を用意しておくと幅広いフライに対応できるでしょう。

次回
【隔週連載】嶋崎了のフライタイイング基礎知識
第3回「ドライフライ向けテイル材の種類編」は
2017年9月11日(月)公開予定です。

2017/8/28

最新号 2017年12月号 Fall

特集は「川を読む」。秋田県の役内川を例に、まさに「ここに尺ヤマメがいた」というポイントをピックアップ。流れのようす、底石の入り方、水面の波立ちぐあいなどなど、良型が付く場所の特徴を解説します。 また伝説的ともいうべきリールの名品「ボンホフ」と、その製法を忠実に踏襲しようと試みた男の物語を収録。道具に対する釣り人の情熱と愛を感じる内容です。 そのほか、イワナが浮いてフライをくわえる瞬間までばっちり見えるような源流釣行、北海道のアメマス事情、またキューバやオーストラリアのソルトゲームなども掲載。渓流オフシーズンの今だからこそ、じっくり読みたい一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING